WMコース ステファン フォルセイ氏セミナーレポート

コンプリケーションウォッチの頂点に輝くグル—ベル フォルセイ。

ローベール・グル—ベル氏と共に創立したステファン フォルセイ氏によるセミナーがオリンピックセンターで行われました。

知る人ぞ知る超複雑高級時計ブランド(価格帯は5000万円〜1億強)のグル—ベル フォルセイとはどんな時計作りをしているのか?をじっくり90分聞くことができました。

2人は複雑時計のムーブメント製造会社ルノエ パピに従事したあと、2004年に自分たちの創造力を存分に発揮できる会社を設立。
代表作品はダブルトゥールビヨン30°ですが、複雑機構だけでなく伝統技法も取り入れた作品も生み出しています。

今回のセミナーでは時計づくり以外にも”時計技術者育成プロジェクト”の話が柱となっていました。
フィリップ・デュフール氏、グル—ベル氏、フォルセイ氏の3人で”伝統的な手作り時計製作技術”を次世代に伝えていくため、フランスの時計学校の先生が選ばれ、トレーニングを開始しているという話でした。
スイスでもNC旋盤等の工作機械が発達し、伝統的な時計づくりは、このようにしないと残せないものなのかと感じました。

後日談ですが、翌週にヒコを訪問してくださいました。
学校に興味を持ってくれ、学生にも気さくに話しかけていました。