SAC対象 重要無形文化財保持者 桂 盛仁氏セミナー報告

7/13(土)に重要無形文化財保持者(人間国宝)である桂 盛仁先生のセミナーが行われました。
桂先生は象嵌や打ち出しゼミでもお世話になっており、今回はSAC2年生を対象にお越しいただきました。

 

 

 

 

桂先生が制作された作品を目の前に、その素晴らしい技術とクオリティーに皆驚いていました。

この作品のフクロウの部分は四分一という金属を打ち出して、1枚の板から制作されています。

 

 

 

セミナーではお話と作品解説の他に、彫りや象嵌のデモンストレーションをしていただきました。

実際に作業をしているところを見せていただけるのは大変貴重なことで、下書き無しに竹を彫っていくなどその技術のすごさはやはり人間国宝の先生です!

 

 

最後に桂先生の展覧会のカタログにサインしてもらう学生もいるなど、授業最終日の締めとして充実した時間となりました。