三校合同展 in ロンドン

三校合同展ロンドン展は、新しいロイヤルカレッジオブアートの校舎であるダイソンビル(あのダイソンがスポンサーでたてている建物です)の1Fスペースで行われました。
展示台は、道路側から見る事ができるように窓に向かって展示され、9名の作品がずらりと並びます。

 

 

 

 

 

 
展示準備の間は、みんなで新聞を折り折りします。
展示が修了した後は、外の路上で乾杯!

 

 

 

 

 

 

ミュンヘンではジュエリーイベントのシーズンと言う事もあってさすがの集客数でしたが、ロンドンはこのイベントのみの開催となりますのでそこまで人では多くなかったのですが、RCAの学生さんたちや、通りががりの人たちがオープニングに参加してくれました。

 

 

 
2日目は、ロンドンの学生エブリーさんが企画したプログラムで動きました。
朝7時に待ち合わせした直後、「パリにいきます。」とのサプライズ。ユーロスターにのって、パリ見物をして帰ってきました。

 

 

 
明日は、ロンドンメンバー ダビットくんのプログラムで、V&Aミュージアム等をまわる予定です。

ロンドン展は4日まで。
明後日は、影山先生の個展のオープニングもあって、楽しみです。

久しぶりに合った東京メンバー達は、ドイツ郊外のベッティーナディットルマンさんのアトリエ、オランダのヤンチェさん、テッドノートン、ハイスバッカーのアトリエや、リートフェルトアカデミーの訪問等を経験して、とても元気な再会をする事ができました。
歴代の合同展メンバーたちが、とても彼らをサポートしてくれて、国を超えた先輩後輩のチーム感が、とても特別なのだなあと感じました。

みんな元気です。

 

みねわき