「ジュエリーデザインにおける3Dプリンターの現状」教員向けセミナー開催

12/5(木)教員向けセミナー「ジュエリーデザインにおける3Dプリンターの現状」を開催しました。

水野学園の各コースの先生方が集まり、業界の今後や現状を把握するためのいわば勉強会。講師には山梨県立宝石美術専門学校の仲剛司教授。業界では3D-CADの分野において第一人者と言われている方です。(写真中央が仲教授)

モニターを使ってのデモンストレーションをしてもらい新しい仕組みについて講義していただきました。

現在機種の進化はとても早く業界の流れを一変させる勢いになっています。

本校のPC担当本多先生と話合う仲教授。学校の垣根を超えて教育の向上の為に情報交換がされました。

仲教授のCADによる作品を観る先生方。精度や地金の細さに驚きです。

作品制作においてはまずPCを使わずに考え、その後使えるソフトを複数選択していくそうです。そうでないとPCで簡単に作れてしまう形態ばかり考えるようになってしまう危険性もある、とのこと。

テクノロジーを使いながらそればかりに流されずご自身の物作りに対する姿勢は崩さないという意志が感じられました。

 

先生方のこういった努力が形になって近いうちに皆さんにも沢山の情報を提供できると思います。

ご期待ください!