OSAKA JWFコース カルチャー研修レポート

大阪校 ジュエリー専門課程1年生がカルチャー研修を行いました。

 

行き先は神戸。まずは、『竹中大工道具館』へ向かいました。

こちらでは、日本建築を支えてきた職人の道具が紹介されています。

クラス毎に解説を聞きながらフロアを巡り、その技術に触れます。道具はどのように伝わり発展していったのか、素材の変化により道具はどう変わっていったのかなど、ジュエリーを作る道具との繋がりも感じられる展示内容でした。

 

昼食後は『神戸ビエンナーレ』へ移動しました。

『神戸ビエンナーレ』とは神戸のハーバーランド周辺に2年に1度行われる美術展覧会のこと。現代アートのコンペティション作品から招待作家、大学生のグループ展示、障がい者アート展など多岐にわたり同時開催しています。(12月1日(日)まで開催中!)

10月とは思えないくらいの良い天気で、コンテナ展示の中では汗をかきながらの見学。映像アートやインスタレーション、様々な表現に出会うことが出来ました。

 

伝統的な技術から最新のアートまで、幅広く学べる1日でした。

神戸だけでなく、学校のある大阪市内からは電車や車で1時間も行けば京都や奈良などたくさんの芸術的なものが鑑賞できます。この恵まれた環境で学んで行く大阪校1年生に是非ご期待ください!