2019年度水野学園同窓会賞は今野琢也さん!

2019年度の水野学園同窓会賞についてお知らせいたします。

水野学園同窓会賞は、水野学園卒業生の中で顕著な活躍をしている卒業生1名に贈られる賞で、2017年度からスタートいたしました。

2019年度は、クラフトマンとして顕著な活躍をしている今野琢也さんが選ばれました。

皆さんは「技能グランプリ」をご存知ですか。熟練技術者が技能の日本一を競い合う大会で、出場資格は実務経験7年以上、技能検定一級以上の取得者が条件で、厚生労働省他が主催する大会です。この2019年3月に実施された第30回技能グランプリ貴金属装身具部門で、見事優勝されたのが、今野さんです。

*今野さんの実作品と競技課題図。競技時間は10時間です。

今野さんはメタルクラフトコースを2007年3月に卒業し、(株)ミキモト装身具にクラフトマン(ジュエリー製作職)として入社しました。2012年には日本ジュエリー協会ジュエリーデザインアワードに於いてプロフェッショナル部門優秀賞を受賞しています。

受賞に輝いた作品の制作時は、貴金属装身具製作技能検定1級の試験勉強と同時並行だったと伺いました。デザイン力と技術力が相乗効果を生み出すことを証明している先輩です。近年は社内若手クラフトマンの指導にも力を入れており、大きな結果を残しています。

上:日本ジュエリー協会ジュエリーデザインアワードプロフェッショナル部門優秀賞受賞作品(CADを使わずに手仕事にこだわって制作されたそうです)

上:髪飾りとブローチは自主制作として手がけられたもの
お名前の掲載はありませんが、ミキモトのカタログ商品の中にも、今野さんが手掛けたジュエリーが紹介されているそうです。

同窓会賞は例年卒業式にて受賞者の発表及び授与式を行っておりますが、今年度はこの場をお借りして発表といたします。受賞者には、同窓会賞トロフィーと副賞30万円が授与されます。

今野さんより、後輩の皆さんへコメントをいただきました。

「この度はこのような素晴らしい賞をいただきまして誠にありがとうございます。

私は職人としてミキモト装身具という会社に勤め、ここ数年は数百万数千万という逸品ジュエリーを作っています。

しかしそういった仕事が出来るようになったのは地道な努力と向上心、好奇心、行動力が大きく関わってくると思います。

自分の道は教わるだけでは開けません、自分考えで進む一歩を大事に踏み締めていけばきっと良いものが得られると思います。

大変な時代になってしまいましたがものづくりは一生の宝です。頑張って進んでいってください。

今しか出来ないことを精一杯やってみてください。」

今野さん同窓会賞受賞、本当におめでとうございました。

みなさんの卒業後の活躍も楽しみにしています。

水野学園同窓会

 

嶺脇(tagaya)