WATCH&CLOCK RESTORATION PROJECT

セイコーミュージアム所蔵のミュージアムピースをお預かりして、学生が調査・修理をさせていただきました。プロジェクトを通して得た貴重な経験を、調査結果とともにレポートとしてまとめました。
3チームに分かれ、各チーム1年生から3年生が混じり、協力しながら作業を行います。
その様子をぜひご覧ください!

3年生がリーダーとなり、率先して作業を進めていきます。
構造を理解しながらの慎重な作業が求められ、1年生は3年生の作業を真剣に見ていました。

チームで話し合っても答えがでないときには、先生に相談しながら進めていきます。

時には1・2年生のために、3年生によるミニ授業が開催されることもありました。

作業を進めると同時に、レポート成作も行います。
こちらは1年生が中心となり、話し合いながら作り上げていきます。

約3か月という時間をかけて、合計3本のWATCHとCLOCKの修理を完了することができました。
1年生から3年生の混合チームということもあり、3年生が率先して指示を出し、苦労をしながらも作業を進めることができました。また、学年を超えての交流ができ、助け合いながら作業を進めている様子が印象的でした。
最後には、全チームが集まって報告会を行いました。
達成感でいっぱいの満面の笑みです。

-お知らせ-

今回学生が修理した時計をSEIKOミュージアムにて展示
していただけることになりました!
詳しい内容に関しては、stewにて追ってお知らせ致します。

野島(tasaka)