JWF×神保真珠商店 企業連携課題 [ Pearl Jewelry展 ]

今年度ジュエリーファンデーションコースでは、滋賀県大津市にて琵琶湖産淡水養殖真珠を取り扱う[神保真珠商店]様との企業連携課題を行いました。

学生が仕事や社会を意識して学ぶこと、そしてクリエイターとして活動していく中で素材が生まれる現場や生産者の思いを知ってもらうことを目的としています。

課題に取り組む前に、神保真珠商店の杉山知子様より淡水養殖真珠のセミナーを行っていただきました。

真珠を作るのに3年、その真珠を作る貝を作るのにさらに3年、その貝を育てるための魚をも育てる…。真珠を育てることの難しさやこれまでの歴史。現場のお話を聞くことで、普段何気なく取り扱ってしまう素材を、より大切に取り扱う気持ちが生まれたのではないかと感じます。

学生はびわ湖真珠と、それを育てるイケチョウガイを素材に、商品を意識したアイテムを制作しました。
全作品より企業の方から25名の作品を選んでいただき、現在青山校舎の2Fにて展示を行っています。

なお、こちらの展示は巡回展となっており、販売される作品もありますのでぜひそちらにも足を運んでください!

田坂(tasaka)