PRESENTATIONS! 報告

今年初の年末イベント「PRESENTATIONS!」。12月26日に開催しましたので報告いたします!

 

学生による学生のためのプレゼンテーションと題し、水野学園 全4校の選ばれし学生たちが自分の学習成果を発表しました。

会場は青山にあるウィメンズプラザホール。250名ほど収容できる大きなホールです。

保護者、1年生、教職員など、参加希望された約200名が集まりました。

いよいよスタート!

 

最初は東京サイクルデザイン専門学校の発表です。

自転車クリエーションコース3年生の赤崎さん

次世代の自転車をつくる、というタイトルで、自身が製作したE-bike(電動アシスト自転車)を発表。これからの時代に必要な自転車の提案や、自転車の作り方を解説してくれました。実車を持ってきてくれたのが印象的でした!

続いては、ヒコ・みづのジュエリーカレッジ から、技能五輪世界大会に出場した小島さんの発表です。

ハイジュエリー専攻3年生の小島さん

超ハイレベルな技術を持った者のみ出場できる技能五輪。ジュエリー製作部門の日本代表として出場したストーリーを話してくれました。後輩に向けて、「苦しい方の道を選ぶ方がいいよ。」と語ったセリフは心を打ちました。実力者のコメントは本当に説得力があります。

続いては、シューメーカーコースの発表です。

シューメーカーマスターコース3年生 山内さん

地域や環境からデザインを生む方法をわかりやすく解説。自身の経験から発想が生まれるまでのプロセスを話してくれました。

シューメーカーマスターコース3年生 土方さん

山内さんの話をバトンタッチし、地域や環境から考案されたシューズデザインを発表。訪問した新潟県十日町への熱い想いが伝わるプレゼンでした!二人とも台本なしでの発表。プロ顔負けのプレゼンテーションでした!

前半の部、最後はウォッチメーカーコースの発表です。

ウォッチメーカーマスターコース3年生 清水さん

7分でわかる時計の仕組み というタイトルで、機械式時計の構造を発表してくれました。本当にわかりやすかったですし、発表時間もジャスト7分!さすが時計コースですね!

ウォッチメーカーマスターコース3年生 篠原さん

複雑な構造の時計づくりに挑戦し、コンテストに出場する篠原さん。その超絶技巧は息を飲む技術です!動作確認の動画がすごかった!

 

後半の部 最初は、特別公演として 「東京すし和食調理専門学校」長谷川講師の発表からスタート。

食も手業が大切。職人のワザをじっくりと学べる教育内容を丁寧に紹介してくれました。改めて、水野学園の教育の幅を感じます。

 

続いて、学生の発表に戻ります。これからの3チームは、学年やコースの垣根を超えた今年度初のプロジェクトの発表です。

プラチナジュエリーの国際的広報機関「PGI CHINA」協賛プロジェクト

選抜メンバー5名

ハイジュエリー専攻3年生 佐藤さん

ハイジュエリー専攻3年生 成さん

アドバンスドジュエリーコース3年生 小原さん

アドバンスドジュエリーコース2年生 濱松さん

ファッションアートアクセサリー専攻2年生 李さん

中国市場に向けた新商品開発のプロセスを発表。彼らは実際に中国を訪ね、現地のスタッフとも英語でミーティングを重ねています。発表で使用したパワーポイントの言語も全て英語。5名それぞれのデザインコンセプトはとても説得力があり素晴らしかったです!

続いては、大阪校からの発表です。代表者の2名が発表のために東京へ駆けつけてくれました!大阪校は、「放課後プロジェクト」という面白い試みに挑戦しています。今回はそのプロジェクトの中から発表してくれました。テーマは「商品を売る/体験を売る その2つの価値」です。

大阪校 クリエイティブジュエリーコース2年生 岩永さん

まずは「商品を売る」発表から。

大阪校独自の企画「NEWINWEST」。講師と学生が共同で開発するジュエリープロダクトブランドです。活版印刷で利用された”廃活字”を使ったオシャレな商品をポップアップショップで販売しました。どんなデザインが商品として売れるのか、考えさせられる発表でした。

続いては、「体験を売る」です。

大阪校 クリエイティブジュエリーコース2年生 李さん

大阪校全コースから有志が集まって活動している「creative CARAVAN」。学外のイベントに出店し、来場者にワークショップを提供して運営しています。ワークショップ型のビジネスモデルを実践的に挑戦しているのですね!商品企画やリサーチなど、やることがたくさんある中、まずは什器を作ろう!と決めた行動が印象的でした。

最後の発表は、ビジネスとして成立するブランド運営を目指すプロジェクト「PROJECT WORK」。今年生まれた2つのブランド「PLASTICITY」「FLIPSTUDIO」の発表です。

自転車クリエーションコース3年生 大橋さん

シューメーカーマスターコース2年生 宮崎さん

シューメーカーマスターコース2年生 佐藤さん

バッグメーカーコース2年生 齊藤さん

バッグメーカーコース2年生 崔さん

「PLASTICITY」は、捨てられたビニール傘を素材に作られたプロダクトです。環境問題に視点を置き、”10年後に無くなるべきブランド”として発表。コンセプトの成熟度や、商品の完成度は非常に高いレベルです!セレクトショップや行政機関などから、すでに声がかかっているようです!

「FLIPSTUDIO」は、スケートボードで遊んでいる際に破損してしまうシューズの問題に着眼。オリジナルのリタッチシートを開発し、廃棄物を増やさず、モノに愛着をもつプロダクトを製作しました。また、街乗りの自転車用シューズを完全オリジナルで製品化。スポーティすぎず機能的なこのシューズは、自転車コースとシューメーカーコースの2コースが合わさることで生まれました。このプロジェクトならではですね!

発表終了後、水野学園長から発表者全員にプレゼントを贈呈!

各チームの素晴らしいプレゼンテーションに観客席からの拍手が鳴り止みませんでした。

 

最後に、作品閲覧&質問タイム。

作者と交流することができ、和やかな時間が流れていきます。

 

発表者の皆さん、改めてお疲れ様でした!素晴らしい発表で、本当に感動しました。かっこよかったです。

 

PRESENTATIONS! は、改良を重ねながら今後も続けていきたいと思っています。

在学生の皆さんは、出場することを目標に頑張ってくださいね!

 

 

M.Takahashi