BREITLING Special seminar

大阪校WMコースでは、11月21日(木)にブライトリング・ジャパン株式会社の林 繁様をお招きし、特別セミナーを開催しました。
林様はWMコース開講初期の卒業生であり、技術トレーナーとして修理だけでなく技術者育成の面において最前線の現場で働かれています。

このセミナーは1年生を対象としたもので、ブライトリング社で扱っている時計の話、クロノグラフ機構の話、社会で働くことのお話をしていただきました。

時計修理の基礎を学んでいる1年生にとって、クロノグラフ機構は興味深く、話を聞く顔は、真剣そのものです。

更に、この日のセミナーのためにブライトリングの自社製クロノグラフ・キャリバーであるCal.01をすべての学生のためにご準備いただきました。

複雑機構であるクロノグラフ機構をわかりやすく解説していただき、学生たちも実際にムーブメントの分解組み立ての実習を行いました。

初めて触るクロノグラフと、そして現行のブライトリング製品と同じ装飾のされたムーブメントを手掛けることに学生は緊張の連続といった様子で、ひとつひとつの部品を分解しながら注意深く観察をしています。

技術セミナーの後には、社会で働くために学生の時からできること、就職するまでの気持ちの準備など来春に就職活動をひかえる1年生にとっては心に響くお話をしていただきました。

ブライトリングの製品の話、技術的な話、社会人になるにあたっての心構えなど、とても内容の濃いセミナーとなりました。

ブライトリング・ジャパン(株) 林 様、貴重な時間をありがとうございました。

小林(kobayashi)