セイコーエプソン株式会社 塩尻事業所見学報告

先日、セイコーエプソン株式会社塩尻事業所へ見学に行きました。

セイコーエプソン塩尻事業所は、長野県塩尻市に位置し、SEIKOのマニュファクチュールを支える拠点の一つです。先端技術の開発とともに、高級ウォッチに関する設計や部品の製造、時計の機械部分である「ムーブメント」の組み立て、時刻を表示するための文字盤や針、ケースなどといった外装パーツの取り付けを行っています。

今回見学へと行ったのは、入学から半年が経った1年生です。半年の間に、腕時計の機械部分である「ムーブメント」の組み立てから、時刻を表示するための文字板・針の取り付け、そしてケースに時計をおさめる「ケーシング作業」までを経験した学生たちは、実際に仕事としてそれらの作業をされている方の手元の様子や、工具を食い入るように見ていました。

学生たちにとっては初めて見る機械や作業が多く、鉄の針に熱を加えて青い被膜を作る「針の青焼き」や、宝石をケースに留めていく作業は、間近で見せていただくことができ、大変貴重な経験となりました。

セイコーエプソン株式会社の皆さま、貴重なお時間とお話をいただき、ありがとうございました!

 

 

WM野島 (tasaka)