YKKファスニングアワード授賞式報告

9/3に都内のYKK本社にてYKKファスニングアワード授賞式が開催されました。
「YKKファスニングアワード」はYKK商品の新しい使い方、新たなファッションスタイルを提案する
ファッションコンテストです。
昨年は最優秀賞、優秀賞共に本校のシューズコースの学生が受賞しており、
今年も見事6,486作品の中から最終選考30点に本校から2組の作品が選出されました。
入選した2組の作品を紹介します。

SHM2年 高橋朋美さん、SHM3年 リー・センファさん

作品名:Backpackers MK-Ⅱ
コンセプト:靴を履いた赤ちゃんを抱っこするとママの服が汚れてしまう。子供靴をママの靴に収納すれば、ママ服を汚さずに済むというのがコンセプト。子供靴を靴に収納する機能を備えるシューズを考案し、制作。
SHM2年 宮崎嵩太朗さん
作品名:Daily Life

コンセプト:”日常生活において最適な機能を持ったスポーツシューズ”がコンセプト。フィット感のよさ。歩きやすさ。着脱のしやすさ。機能性とデザイン性を両立したパターンを特に意識して制作。

最終選考に選ばれた30作品はファッションショーで披露されました。

入選した宮崎さん(左)、高橋さん(右)。(リーセンファさんはJM Weston交換留学のため出席できませんでしたがテレビ電話で実況中継されました。)

新しいことへの挑戦と毎日夜遅くまでの作業、よく頑張りました。
リーさん、高橋さん、宮崎さん、お疲れ様でした!
YASUI