大阪校自転車メカニックコース開講記念イベント、「CYCLE STUDY」開催報告

大阪校自転車メカニックコース開講記念イベントとして、「CYCLE STUDY」を8/21(水)に開催いたしました。

“見て・聞いて・つながる”をテーマとした自転車を学ぶイベントです。

 

ヒコ・みづのジュエリーカレッジ大阪校と、徒歩2分のところにあるダイニングバー”mothers(マザーズ)”をお借りしての開催。

 

 

まずはヒコ・みづのジュエリーカレッジ大阪校。

着々と教室の準備も進んでいるこの会場では「初心者向けメカニック体験」、そして外部企業様2社をお招きしての特別セミナーが行われます。

 

 

続いて別会場のマザーズ。

こちらではCHERUBIMの自転車9台を一斉に展示。

メキシコオリンピック出場車からNAHBS出展車など、CHERUBIMの歴史を感じられる展示です。

 

 

そして来場者に楽しんでもらえるよう、オリジナルサコッシュにスタンプでカスタムできるスペースを用意。

 

 

 

12時から開場。

大阪校では初心者向けメカニック体験を行なった後、外部企業2社によるセミナーが行われました。

 

まずはKTCブランドでお馴染みのハンドツールメーカー、京都機械工具株式会社様による「正しい工具の使い方セミナー」。

いろんな観点からトルクの重要性を学びます。

 

学んだ後は少し時間を取って実際に工具に触れる時間を設けました。

 

 

続いて2社目は日本特殊螺旋工業株式会社様。

チタン合金ボルトについて製造過程や使用例など、使った後の効果がイメージしやすいようにお話ししていただきました。

 

各部にチタン合金ボルトを使用したロードバイクを1台お持ちいただいておりましたので、セミナーの後は受講者が次々と興味を持って見ていました。

 

 

 

大阪校でのイベントが終了したのち、別会場のマザーズでは、CHERUBIM今野先生とサイクルスポーツ吉本編集長のトークセッション。

自転車についてのお題がランダムに置かれており、お二人が自由にお話しされておりました。

来場者からの質問もあり、あっという間の1時間です。

 

 

最後は来場いただいた関係者を交えての懇親会。

来場者同士が面識を持ったり、今野先生や吉本編集長ともお話をされたり、有意義な時間を過ごせてもらえたと感じました。

 

 

大阪校自転車メカニックコースはいよいよ2020年4月に開講されます。

TCDともイベントなどで一緒になって盛り上げていきたいと思いますので楽しみにしてください。

 

 

todo