TCD3年生 特殊自転車の世界セミナー

3年生ワークショップのテーマは「特殊自転車の世界」。そのワークショップの一環として、今回は、豊田TRIKE株式会社様、有限会社宇賀神溶接工業所様をお招きし、セミナーを実施していただきました。

 

先ずは、豊田TRIKE株式会社様。

事業総括本部 取締役本部長をされています小野田 貴啓様にお話をしていただきました。

小野田様は、豊田TRIKE株式会社入社以前は、トヨタ自動車の開発部門にて技術者兼テストドライバーとして、多くの車体開発に携われました。

 

自己紹介を含めて、トヨタ自動車でのお仕事もお話しいただきました。

通常の車体開発は4年かかるそうですが、2005年の「愛・地球博」の出展車両であるi-Unitの開発では、ゼロからのスタートにも関わらず2年間で完成させたそうです。

 

コンセプト→原理モデル→試作1号と進めて行き、試走を繰り返しながら問題解決する。モノづくりの面白さが伝わってきます。

 

ここからは、トヨダトライクオメガの説明です。

世界11カ国で特許を取得しているシンクロシステムを搭載した「前輪2輪の電動アシスト自転車」では、運転姿勢・足つき性・不意の転倒防止・低重心・旋回性能・乗り心地など、多くのことが改善できます。

 

技能と技術のお話や、技能伝承についてもお話いただきました。内容は全て理論的に整理され、学生にも分かりやすく伝わりました。

 

いよいよ試乗です。

これが、3輪には要のシンクロシステムです。

 

段差を作り、乗り心地や走行性能を体感します。シンプルでありながら、その効果は絶大です。

こちらは、前輪の上に体の不自由な方を乗せることができるタイプ。

3輪と電動アシストが相まって、漕ぎ出しもスムーズ。ハンドリングも楽でした。

こちらは、シンクロシステムを後輪に備えたタイプ。沢山の荷物を運搬することができます。

細かいところもチェック。現在取り組んでいるグループワークの参考になります。

 

今回のセミナーで、新しいモノを作り出す苦労や面白さ、またそれを必要とする方の喜びがどれほど大きいものか、良く伝わったと思います。これからのモノづくりがまた楽しくなりそうです。

小野田様、お忙しい中ありがとうございました。

 

豊田TRIKE株式会社ホームページ http://toyoda-trike.co.jp/

 

 

続きまして、有限会社 宇賀神溶接工業所(ハンドバイクジャパン)の代表取締役 兼 溶接職人の宇賀神 一弘様にセミナーを実施していただきました。

宇賀神溶接工業所はアルゴン溶接加工や精密板金加工技術を使い、工場で使用される半導体洗浄装置や乾燥装置、厨房用具や店舗用金属品、またインテリア製品からモニュメントまで幅広く製作されています。その中にハンドバイクを製作するハンドバイクジャパンがあります。

ハンドバイク製作のきっかけはオーダーメイドのハンドバイクを製作して欲しいという車いすユーザーの方からの依頼だったそうです。従来のハンドバイクは、車いすに前輪だけを装着する「アダプター式」と、フレームと3輪タイヤが一体となった「完成車式」だけでした。アダプター式は、変速機が無いので坂道を上ることが難しかったり、完成車式は、レースに特化している為、アスリートしか乗れなかったので、その車いすユーザーの方は既存のハンドバイクに乗ることができなかったそうです。そこで、精密板金溶接加工技術を用いて質が高く、障がいがあっても無くても乗れる、また誰もが「スタイリッシュで」「格好良い」と思える、日本国内の道路交通法に適合したハンドバイクのプロジェクトを始めたそうです。2011年にはハンドバイクとしては初めてグッドデザイン賞を受賞されています。

最初の図面完成まで半年かかったそうです。

 

商品開発のポイントについてもお話いただきました。

 

商品開発に際し、知的財産権の説明もありました。意匠登録は、弁理士にお願いし、商標登録と実用新案は、ご自身で行ったそうです。興味のある人には、教えてあげるよとも。

学生の「何故フレーム素材にステンレスを?」の質問に「素材の特徴として再加工がしやすい事にあります。」とのこと。「お子様の時にハンドバイクを購入していただいた方は成長と共にフレームサイズを変えなければなりません。ステンレスは再溶接して研磨すれば簡単にサイズ変更ができるので、一つのモデルを永く使ってもらえるんです。」と。なるほど、ユーザーを第一に考えた素材選びですね。

 

中庭で試乗させていただきました。

これは電動アシスト付きバンドバイクです。

皆、笑顔で乗っていましたね。

宇賀神様のセミナーからは、お客様が納得できるモノを何とか作りたいという職人魂とモノ作りの情熱を強く感じることができました。その熱は学生に伝わり、今後の作品作りや実社会で活かされることと思います。

宇賀神様、お忙しい中ありがとうございました。

 

有限会社 宇賀神溶接工業所 http://www.yousetsu.net/

ハンドバイクジャパン http://www.handbike.jp/

 

 

 

今回の2つのセミナーではモノ作りにとどまらず、沢山のことを学ぶことができたと思います。

企業の方々のご協力に心より感謝申し上げます。学生の今後の活躍を見守っていただけましたら幸いです。

ありがとうございました。

 

Hashimoto