Bespoked受賞セミナー

今回のセミナーは、今年の5月にイギリスのブリストルで行われたハンドメイドバイシクルの展示会「BESPORKED」で「OUTSTANDING FINISH / PAINT AWARD」を受賞されました丸屋自転車株式会社の代表 飯島貴志さんを招いて行いました。

 

飯島さんは、TCDの第二期生で6年前に卒業されています。

卒業後に会社設立の際、時間をかけてしっかりとリサーチを行い、多くの先生方のアドバイスを受けながら

「Universal Elegance from Japan」というコンセプトのもとマルヤ自転車を立上げました。

セミナーでは、そのコンセプト構築の説明を理論的にお話しいただいています。

 

世界で行われている自転車の展示会に2年間足を運び、自社のコンセプトに合う展示会を「BESPORKED」に絞ったそうです。

写真は、アメリカで毎年行われているハンドメイドバイシクルショー「NAHBS」の会場。

印象に残っている言葉として、

「ネット上に載っている情報は良い情報もあるが反面、嘘も多い。自分の足を使い実際に見に行ってみる、話を聞いてみることが大事。

皆さんには是非チャレンジをしてほしい。また、失敗をすることで見えなかったものが見えてくる。」

自信に満ちた講演は、飯島さんが実際に見たり聞いたり経験してきたことが、裏付けにありました。

皆、実車を間近で見て、その仕上がりの美しさに言葉が出ません。

 

「今回のショー出展車体製作には多くのTCD講師や卒業生が関わっていてます。」

ビルダー:Mr.Tsukasa Murayama  (ビルディング講師)

デザイナー:Ms.Miyuki Asahiyama  (卒業生)

メカニック:Mr.Masaaki Takeuchi  (メンテナンス講師)

アドバイザー:Mr.Takashi Shimakawa  (デザイン講師)

など。

「私は代表として賞を受賞しましたが、プロデューサーにすぎません。

この受賞は、TCDの受賞なんです。」とも仰っていました。

 

 

メカニックを担当された、竹内先生。

 

カラーリングデザインを担当された旭山さんも参加していただきました。

 

今回のセミナーでは、Bespokedの受賞の話だけではなく、ブランディングの話も非常に勉強になりました。

この飯島さんの熱意と行動力が学生に伝わり、次の世代の新たなチャレンジに繋がることを期待します。

 

飯島さん、関係者皆様、おめでとうございます。

ありがとうございました。

 

丸屋自転車株式会社 https://www.maruya-cycle.co.jp/ja/home

BESPOKED 丸屋記事 http://www.bespoked.cc/maruya-cycle.html

 

 

Hashimoto