JWF学園長セミナー”Jewelry is Life.” レポート

7/4(木)、ジュエリーコース1年生へ向けて水野学園長によるアンティークジュエリーについてのセミナーが行われました。
前半は長い年月をかけて集めたアンティークジュエリーコレクションの紹介と、その魅力についてのお話です。
まずは先生がロンドンの蚤の市で出会ったテディーベアを紹介しながらアンティークの見方や楽しみ方を紹介してくださいました。

プロジェクターとスクリーンで実際のジュエリーをハンドリングしているところを写しながら、歴史や時代背景、文化などの話を交え20点ほどのジュエリーを紹介してくださり、セミナーの「Jewelry is Life」というタイトル通り人生を語る上でジュエリーは切っても切り離せない魅力を感じることができました。

セミナー後半は会場内に実際に60点近いアンティークジュエリーを展示し、学生が観覧する時間が設けられました。
見たこともないジュエリーや、セミナー中プロジェクター越しに見ていたジュエリーが間近にあるため、みんな釘付けです。

製作の授業も進み、ジュエリーの作り方や仕組みを理解し始めた時期なため、裏側の作りや細工が気になる様子で撮影会が始まりました!

学園長先生の周りにもたくさんの学生が集まり、紹介してくださるそれぞれのジュエリーの魅力やストーリーに引き込まれている様子でした。

学校所蔵のなかなか出会えない貴重なジュエリーたちとの出会いがジュエリーの見方を広げてくれる、いいきっかけになったのではないかと思います。
多賀谷(tagaya)