610時計フェスタ in 東京

東京の時の記念日イベントはあいにくの曇り空でしたが、内容の充実した1日となりました!

目玉は独立時計師ヴィアネイ・ハルター氏の特別講演。学生、一般のお客様、時計ジャーナリストの方合わせて70名近くが聴講。ハルター氏の生い立ちから時計師としての歩み、自身のブランドを立ち上げるまでのお話を情熱をこめてお話ししてくださいました。

体験コーナーでは時計パーツの青焼き、時計の仕組み体験講座など時計学校ならではの実習を体験していただきました。

またお子様用には水時計を作るコーナーも。昔の時計は水を使っていた、と話すと目を輝かせて作っていたのが印象的でした。

疲れたらちょっと一休み。本格コーヒーが飲めるカフェ「リーヌコーヒー」が出店。このイベントのために豆を厳選し、自家焙煎していただきました。

最後に盛り上がりを見せたのが、1年生から3年生までが参加した6497アッセンブル・スプリント。時計の早組競争です。予選を通過した8名が本選に挑み、見事3年生の福田君が優勝しました!1年生が2、3年生の作業を見て、すごい!自分もこうなりたい!と触発されていました。

2、3年生の学生スタッフが前日から準備をしてくれ、当日も責任をもって一生懸命取り組んでいました。

次年度は時の記念日100周年。どんなイベントになるかをお楽しみに!

野島  (tagaya)