2019オメガブティック見学報告

今年度入学したばかりの学生たちが、銀座ニコラス・Gハイエックセンターにあるオメガブティックにて、見学を兼ねた販売に関する研修を受けてきました。開店前の忙しい時間を特別にさいて頂き、開店前の準備「ディスプレイ体験」、そして「オメガを知る」、「接客体験」など学内では得られない貴重な体験を受けさせて頂きました。

「オメガを知る」パートでは、シーマスター・コンステレーション・スピードマスター・デビルのオメガを代表する4つのシリーズについての、特徴やそれぞれのモデルに込められたブランドの思いなど、実物の時計を見ながらお話を聞くことができたので、より理解が深まったようです。

「接客体験」のパートでは、笑顔の練習、おじぎの練習・商品の試着体験を行って頂きました。笑顔や挨拶はお客様からの印象を決定づける大切なもので、接客をする上で特に気を付けるべきポイントだと改めて説明を受け、直接販売に関係のない仕事でも“笑顔”は重要だという説明に学生達も納得していたようです。学生同士でペアを組み、恥ずかしがりながらも素敵な笑顔の練習をしていました。

商品の試着体験では、お客様と試着の際にお話しするコツや「お客様ごとに一番その時計が似合う試着の心遣い」などのアドバイスを頂き、ほとんどの学生が初めての体験でしたが、しっかりと接客練習に挑んでいました。学生からは、「お客様と何を話そうかと考えてしまうと難しくなってしまいますが、練習でもうれしい反応が返ってくると話しをするのが楽しみになります」との声が聴かれました。

普段はお客様側からしか見ることのできないショーケースは、いざ自分でディスプレイをしてみるとバランスがとても難しい…と悪戦苦闘していましたが、自分が仕上げたディスプレイをスタッフの皆様に見ていただき、それぞれお褒めの言葉とアドバイスをもらった学生たちは、とてもうれしそうにしていました。

見学・研修の最後には、お話いただいたエピソードの中からクイズを出題していただき、全問正解した学生には、オメガブティック様より、素敵なお土産をいただきました。

入学したばかりの1年生ということもあり、ブティック自体に入ったことがなかった学生も、お客様として接客していただいた経験のある学生もいましたが、どちらにとってもとても貴重な体験をさせて頂きました。

なにより、ブティックで実際に働かれているスタッフの皆様に直接お話しを伺ったことで、ただ時計を売るということだけでなく、お客様の立場に立って考えること、心を込めた気配りやおもてなしの心が大切であることを学べたようでした。「ブティックは時計やブランドの良さを直接お客様に伝えることができる大切な場です」というお言葉がとても印象的でした。見学前では接客というものについてイメージができなかった学生も今回の研修で「人と対話する面白さ」を感じたようでした。

貴重なお時間とお話、そして体験する機会をいただきまして、本当にありがとうございました。

WM 野島 (tagaya)