限界を超えたスーパークラフト、幻の有田焼ジュエリー「トシカネ」展のおしらせ

「Supercraft – TOSHIKANE JEWELRY – 」
ー 限界を超えたスーパークラフト。緻密なミクロアートの小宇宙 ー
HOLE IN THE WALL
2019.7.7(日)-7.18(木)まで
会期中無休 入場無料
12:00-18:00

幻の有田焼ジュエリー 「トシカネ」を一挙に公開!

日本では知られずに歴史の中に埋もれてしまった幻のポーセリンジュエリー「トシカネ」の希少なコレクションを一挙に集めた世界初の展覧会をHOLE IN THE WALLにて開催いたします。

昨今、再現不可能なその類い稀なるデザインや技巧、オリエンタルでユニークなデザイン、いまやコレクターのコレクション以外では見ることができない流通の超希少価値性から海外では再注目を集め、海外オークションでは1 円玉サイズ程の陶磁器製のアクセサリーが数万円という高値で取引されている“幻のジュエリーブランド”をご存知ですか?

その名は俊兼ジュエリー。通称:トシカネ。

本展覧会は、世界中のコレクターが探し求めている、そんな「トシカネ」の貴重なコレクションを一挙に集め、初公開する世界初の試みとなる企画展覧会となります。

「トシカネ」の細部までこだわり抜かれた技術はまさに、手業の限界を超えたスーパークラフト。
手の中に収まる緻密なミクロアートの小宇宙、その歴史の中に埋もれるひとつのアンティークには留まらない、人々を魅了して止まない「トシカネ」の華麗なる世界をお届けします。

俊兼ジュエリー(通称:トシカネ)は、400年の伝統を誇る有名な磁器、有田焼でつくられたジュエリーです。
1950年代という近代に分類されながら、その細工や模様の描き方が恐ろしいほどに繊細で細かいことから、明治の薩摩ボタン並みに海外では貴重とされています。人の手業を超えた技術力と職人の魂がこめられたトシカネは、その類い稀なるデザインや技巧から、人々を魅了して止みません。
忘れ去られた歴史の中に埋もれるロストテクノロジーを見つけ、探求・記録し、それらを伝えることで、様々な史実やストーリーを浮き彫りにし、未来につなげていくプロジェクト「Missinglink」による展示となります。展覧会につきましては、こちらMissinglinkサイト(https://www.missinglink.tokyo/)も合わせてご覧ください。

 

嶺脇(tagaya)