時計フェスタ610 in Osaka

WMコースでは、6月9日に時の記念日イベントを開催しました。今年は時の記念日制定99年目にあたります。時に関するパネル展示やアンティーク時計の販売、時にまつわるゲームや体験、そして独立時計師協会の準会員になった牧原大造氏による彫金のデモンストレーションや講演会と、たくさんのイベントを学生主体で行いました。

準備から主に2年生の学生が関わり、あらたな展示パネルの作製や前日の会場セッティング、当日の運営とお客様をいかに迎えるかを考えながら奮闘していました。
イベント当日は多くの方にお越しいただき、あらためて時を考える機会になったことと思います。
学生自身もイベントを通じて伝えることの楽しさや難しさを感じ、学びの多い1日となりました。
ご来場くださいました皆様、本当にありがとうございました。

(↑アンティークウォッチの販売ブース)

(↑牧原氏による彫金のデモンストレーション)

(牧原氏によるセミナー)

(↑学生が行う機械式時計の体験実習)来年は時の記念日100周年の節目となります。来年もぜひ足をお運びください。
以上、報告です。

小林(KOBAYASHI)