HIKO×世界長ユニオン(株)【SH2/SHM2学外研修報告】

シューメーカーコース2年生の学外研修をレポートします。

研修の目的は機械生産の工程を理解することです。
授業では手作りで靴を製作しておりますが、世の中の大半を占める機械生産の様子を知ることで、業界で働く上で必要な基礎知識を身につけます。

今回見学させて頂いたのは千葉県にある、世界長ユニオン(株)鎌ヶ谷工場。
主に、百貨店、有名ショップ向けに、イギリスで生まれたグットイヤーウェルテッド製法やイタリアで生まれたマッケイ製法、高い技術力が必要な手縫いモカなど高級紳士靴を製造している日本を代表するメーカーです。

若い人材を育てるために、1つの部署に固定せず様々な工程の技術を習得し、技術を伝承する取り組みもされています。

細かい工程に分かれており、それぞれの工程のプロが作業をします。
機械生産と言っても、人の手が多く加わり、機械を使いこなすのは職人技で、手製とは違う難しさがあります。

学生は工場で働く方々の靴作りに対する熱い思いやクラフトマンシップに触れ、機械生産の工程を学ぶと共に、整理整頓された作業のしやすい環境や品質にこだわり細部まで手を抜かない姿勢が美しい靴を生み出すことを身をもって知る事ができ、有意義な学外研修となりました。

SH安井(tasaka)