J.M.WESTON フランス留学参加者募集

1891年、エドゥアール・ブランシャールがフランス中部の街・リモージュに開いた工房からスタートしたジェイエムウエストン。「超低適植物性革なめし」と言われる伝統的な革なめしの工程を持ち、グッドイヤーウェルト製法を採用した靴を手がけるブランドです。

ジェイエムウエストン財団(J.M. Weston Foundation)は若手職人に専門職人としての発見や経験蓄積のチャンスを提供したいと考え、養成プログラム”ジェイエムウエストンアワード”を立ち上げました。現在、日仏交換留学の形で参加者を募集しています。保険・渡航費・生活費は全面的に財団がバックアップ。日本からの参加者はフランスの ジェイエムウエストン工場にて2ヶ月 (8月末〜10月末予定) の研修を行い、インターンシップ終了時にその集大成となる作品を発表します。

昨年度卒の先輩2名が見事に選考を通過し同研修に参加しました。(写真左:シューメーカマスターコース卒 髙木啓史さん、写真中央:シューメーカーコース卒竹内友里絵さん )

 

 

今年度の募集概要はこちらから。https://www.jmweston.com/jp/manufacture

興味がある学生は是非挑戦してみてください。

iizuka