高岡クラフトコンペティションのお知らせ

「高岡クラフトコンペティション」は、伝統工芸産地発の全国公募展として、1986年より産地プロモーションと地場産業の活性化を目的に生まれ、富山県の高岡市で開催されている今回で33回目を迎えるコンペです。
今年のテーマは「抱擁 Embracement」2 で、審査員長の大治将典氏の「アートとプロダクトの差異を、互いに抱擁しあった物をクラフトと仮定することで、双方の魅力を補完しあい、より豊潤な文化を得ることができるかもしれません。
工芸家、クラフトマン、デザイナー、アーティストなどの肩書きを軽やかに飛び越えていくような作品をお待ちしています」という言葉に惹かれます。

賞の数も多く、グランプリは副賞が100万円、入選者は作品の展示やカタログへの掲載もあり、こちらも魅力的。

応募締切:7月21日(日)
作品搬入:7月27日(土)〜29(日)
出品登録料:学生一種 5000円 2種目以降は3000円ずつ加算

未発表で、素材、用途自由です。販売可能であることなど、詳しい情報はHPをご覧ください。

過去の入賞作品も掲載されています。
http://www.ccis-toyama.or.jp/takaoka/craft/entry/

嶺脇(tagaya)