HIKO×CEMENT PRODUCE DESIGN  金谷 勉氏セミナー報告

UNIQLOのコラボTシャツの企画ディレクションや自社プロダクトの企画をされているCEMENT PRODUCE DESIGN 代表兼クリエイティブディレクター 金谷勉氏によるスライドレクチャーが6/25(火)に行われました。

金谷氏が手がけられている商品には、iPhoneケース「iTattoo」や、福井鯖江市にあるメガネ素材加工メーカーとの共同開発で制作された耳かき「Sabae mimikaki」など多岐にわたります。

CEMENT PRODUCE DESIGN の商品に関しては是非こちらをご覧ください→ http://www.cementdesign.com/

 

 

セミナーのテーマは「自分のコアコンピタンスを見つける」。

コアコンピタンスとは、「競合他社(者)を圧倒的に上回るレベルの能力」のこと。自分の中で他の人には負けない強みを認識し、それを活かせる分野を見つけることで仕事は広がっていく、ということです。

「ジュエリーを学んでいるヒコ・みづのの学生にとって金属加工の知識や技術は、例えばコートを掛ける為の金属のフックをつくることに活かせるかもしれない。他分野だからこそ新しく提案できることがあると思います!」と金谷氏。

 

就職を考える学生に対しては、ブック(ポートフォリオ)の重要性についてお話しいただきました。

「どこかに置き忘れてきて、そのまま何事も無く手元に戻ってくるぐらいなら作り直した方がいいレベルだと思った方がいい」会社の方にこの人と仕事がしたいと思わせる個性が伝わるまで、何度も作り直すぐらい大切なツールなのだということです。会社を経営されている金谷さんだからこそお話しいただける内容でした。

 

セミナー後、自分のポートフォリオを見ていただく学生も。

 

CEMENT PRODUCE DESIGNの製品をスタッフの方からご説明いただきました。

 

現在は、ただ依頼された製品のデザインをするだけではなく、そのものがどのように流通して、どのような所で販売されるかということまでを考えることが求められる時代ということです。いろんな分野の本を読んでみる、様々な展示会に行く、違う道順で家に帰ってみる…など常に新しい発見や情報のストックを貯めることが後の自分への投資となるのです。

皆さんは課題のデザインを考えるとき、机の上の白い紙を前にただ悩んでいるだけではないですか?携帯の小さな画面で検索をするだけで調べた気分になっていませんか?

これから始まる夏休み。新たに何かを始める良いタイミングですね!