第42回技能五輪国際大会(ドイツ・ライプツィヒ) 貴金属装身具部門 強化訓練 • 最終章

技能五輪国際大会まであと一週間を切りました!
今日は強化訓練と技能五輪国際大会壮行会の様子をレポートします!

 

本日は、ジュエリー製造団体等協議会の川崎様、訓練指導員の丸川様、現地に同行するエキスパートの井村先生を交え、競技課題の最終チェックを行います。
強化訓練では複数のデザインの競技課題を行っており、その中から抽選により、競技課題が決まります。
更に規定により、いくつかの変更が加えられた図面が正式な競技課題になります。今回は、その予測もふまえた委員会です。

 

6月21日に学内の技能五輪国際大会壮行会を実施しました。
壮行会では、小林SDから寄せ書き入りの国旗を贈呈、同級生からは学校最寄りの有名スイーツ店のケーキが贈られました。

 

技能五輪国際大会は下記の日程で実施されます。
安田選手には、大会を心から楽しんで、取り組んでほしいと思っています。

皆さんも日本から熱い応援をお願い致します!

 

◆第42回技能五輪国際大会( WorldSkills Leipzig 2013 )
開催地  : ドイツ ライプツィヒ
競技会場  : ライプツィヒ メッセ
貴金属装身具日本代表 : 安田 亮
貴金属装身具エキスパート : 井村 裕司
開会式  : 2013年7月2日(火)
競技期間  : 2013年7月3日(水)~7月6日(土)
閉会式  : 2013年 7月7日(日)
ホームページ : http://www.worldskillsleipzig2013.com/en/

技能五輪国際大会は、正式には、国際技能競技大会(WorldSkills Competition)と呼ばれています。
この大会は、1950年にスペインの職業青年団が提唱して隣国ポルトガルとの間で各12人の選手が技能を競ったことにその源を発し、逐年参加国および出場選手の増加をみて若い技能労働者の祭典と呼ばれるにふさわしい行事に発展してきました。
中央職業能力開発協会HPより http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/kokusai/index.html