青木愛実個展 ”暮らしと装身具”開催!

青木愛実は、ヒノキの角材をひたすら叩き、繊維状にする。というシンプルな作業で生まれるユニークなフォルムのジュエリーで
注目されているアーティストです。
見る人に興味と驚きを与えるその作品は、近年、木の枝を先端を同様に加工した新シリーズに発展しています。
オランダのコンテンポラリージュエリーギャラリー・マゼーで開催されているInternational graduation exhibitionにおいて、ヒコ・みづのジュエリーカレッジファッションアートアクセサリー専攻3年次の卒業制作、インスティチュート専攻4年次の卒業制作が、2年連続でグランプリを受賞するという快挙を達成し、ヨーロッパでの作品発表、また、昨年開催された白金五丁目アワードにて、ジュエリー&クラフト部門の優秀賞を受賞し活動の幅を広げています。
今回、初めての個展となりますが、青木愛実が暮らしの中で採取した現象や材料の標本と、それらに言葉を乗せて制作した装身具を展示いたします。
会期中、作品制作のデモンストレーションを行います。
在廊日、時間に付きましては、随時instagramにておしらせする予定です。

青木愛実個展 ”暮らしと装身具”

2月15日(金)〜 2月26日(火)12:00-18:00 日祝休
*2月24日(日)は特別にオープンいたします
2月15日(金)17:30〜 オープニングパーティー
HOLE IN THE WALL
東京都渋谷区渋谷1-20-5学校法人水野学園青山校舎内

 

嶺脇 (tagaya)