大阪校 JWFジュエリーコンペティション2018 表彰式@drip

大阪校1年生 ジュエリーファンデーション コースによるジュエリーコンペティション2018表彰式を大阪校1F dripにて開催しました。

東京校と合同で行なわれる毎年恒例の課題です。

 毎年異なる石が選ばれ、オリジナルのジュエリーを制作します。今年は「シトリン」ヘキサゴンカットを使ったオリジナルジュエリーを制作しました。

 1/18(金)~2/2(土)で作品展示を開催し、期間中に大阪校内にて人気投票を行いました。

 表彰式では人気投票結果と講師が選ぶ、学校賞を各1位~3位を発表。また、講師による講評会も実施しました。

↓【人気投票2位】玄 佑泳 (ヒョン ウヨン)さん

 ↓【人気投票1位・学校賞2位】青木 優心 さん

 ↓【学校賞3位】申 知然 (シン ジヨン)さん

 ↓【学校賞1位】李 勝潮 (リ ショウチョウ)さん

受賞おめでとうございます。

 ↓申さん(後左)、玄さん(後中)、李さん(後右)、青木さん(左)、小南さん(右)※人気投票3位

入学から一年間で学んだ技術やアイディアを競い合うイベント課題でしたが同じテーマで行い、どのようなプロセスで考えてきたものが、共感を得て選ばれたのか入賞をめざすのは当然重要ですが、それが全てではありません。

入賞した作品とそうでなかった作品のポイントの違いや、必要だった物は何なのか考えていくことが重要です。今後の皆さんの表現力や技術力のさらなる成長を期待しています。

yahagi(kitayama)