大阪校WMコース研修報告 Vol.1

大阪校WMコース1年生は、大阪心斎橋にあるオメガブティックと西日本の修理拠点となるカスタマーサービスの見学をさせていただきました。

オメガブティック心斎橋では開店前の貴重な時間で、時計のディスプレイや販売研修、オメガの時計に関するお話しなどとても濃い時間を過ごしました。

まず、時計のディスプレイ研修では、お客様に時計を美しく見せる統一感のある配置を、実際の商品を使い体験をしました。

ほとんどの学生が商品の取り扱いが初めてで緊張感のある顔で、ひとつひとつ丁寧に時計を並べ、時計をショーケースに収めた後にそれぞれ細やかなアドバイスを頂き、魅せるディスプレイの大切さを学ぶことができました。

販売研修では、お客様対応の基本である挨拶から始まり試着の体験もさせていただきました。挨拶の練習では、緊張から硬い表情となり少々ぎこちないものでしたが、礼に始まる接客の中で言葉遣いや笑顔の大切さを体感しました。

試着では、お客様の腕に時計を付ける場面を想定しての体験を行い、さりげない気遣いや時計を通してのコミュニケーションを学びました。

 

オメガの時計に関する話では深い商品知識と分かりやすい説明、聞きやすい声のトーンやスピードなど話に引き込まれ『この時計が欲しい。』と本当に思うような気持になりました。正確な知識と、どんな質問にも対応できるスキルは販売には欠かすことのできないものだと感じました。

そして、オメガブティックに併設されている修理受付では、直接持ち込まれた時計に対して診断を行う技術者の方に話を伺うことができました。

適切な診断を行いその場で修理を行うか、カスタマーサービスに送るかを判断し、直接お客様とのコミュニケーションも必要となるとても重要な部署でした。

 

オメガブティックの研修と見学を通して、自社の時計の魅力を最大限引出し、お客様に対して手に取りやすい雰囲気づくりや気遣いを見せていただきました。

接客の難しさと緊張感、お客様と触れ合う楽しさを学ぶことができました。

オメガブティックのみなさま、貴重な時間と体験をありがとうございました

kobayashi(kobayashi)