神在 The Salt of the Earth – Mai Miyake solo Exhibition

Exhibition Report vol.42は現在開催中の美術家ミヤケマイ氏の個展、神在 The Salt of the Earthを紹介する。彼女を紹介するのはこれで5回目となるが、常にチャレンジと成長を続け、見る者新たな刺激と感動を与えてくれる。2015年4月に発行された雑誌PENの『世界に誇るべきニッポンの100人。』にも取り上げられた名実共に日本を代表する美術家である。その彼女が初めて自らの手で作り出した焼き物の世界が初めて公開された。

“ミヤケマイは日本文化に造詣が深い。もともと凝り性だし、自分の手を使うのが好きだから、美濃焼の窯元に通って自分で作っている。焼き物は楽ではないから、職人さんにいろいろ見ていただいての制作だ。といってもミヤケマイの想像力は学んで終わり、では済まないから、徹底的に追求する。ギリギリの世界である。その先に窮屈さを超えた諧謔精神に飛んだ世界が展開する。” 東京藝術大学大学美術館館長/練馬区立美術館館長 秋山雄史氏の文より






縁起物の熊手や宝船、打ち出の小槌を始めとし、出入り口の守る関守石などを得意のインスタレーションで全体の空気感を演出している。彼女が手がけた、ステーショナリーや画集、著書なども一緒に楽しめる展示となっている。
コンセプチャルで、ウィットに富んだ作風に触れる良い機会。本学からも近いので是非訪れて体感して欲しい。

2018,10,5-16
11:00-19:00 木曜日定休 入場無料
会場:しぶや黒田陶苑
渋谷区渋谷1-16-14メトロプラザ1階
TEL:03-3499-3225
www.kurodatoen.co.jp

 

永尾(NAGAO)