FAA2 / INST DRAWING WORKSHOP by Erik Mattijssen レポート② 2018.4.18 – 4.25

オランダ・リートフェルト・アカデミーで教鞭を執りながら、自らも画家として
世界中で活躍しているエリック・マタイセン氏をお迎えして行われた
FAA2、INST合同のドローイングワークショップ。
6日間に渡るワークショップの様子を2回に分けてレポートします。

今回はレポート②として、後半の3日間をまとめたものを報告します。

DAY 4 FAA2DAY
ドローイングから一転、FAA2年生は、ペアを組んでお互いのために身につけるものを考えていきます。
まずは、お互いのインタビュー。夢や悩み、欲しいもの大切なものなどを聞いていきます。
「話が盛り上がらない時は小さい頃に記憶に残っていることをきいてみるといいよ!」
というエリックのアドバイスのもと何を作ってあげたらよいのかを考えます。
大胆なドローイングの勢いのまま、それぞれ制作開始!
風間さんは、ダンボールに独特のテクスチャーをつけて素材づくり。大きなハイヒールを目指します。

大島さんが関さんに向けて制作したものを紹介します。
170cmになりたい関さんの望みをどう叶えたらよいかを考えた大島さんは、
「目の位置が高くなる」イメージでヘッドオーナメントを作りました。
フェイクファーのボワボワした毛の長さを利用した、ぱっちりしたまつ毛は関さんのイメージにもぴったり。

明日は、しっかり完成するまで作業!
最終日のHOLE IN THE WALL展覧会に向けて制作を続けます。
DAY 5 INSTDAY
コラージュすること。
コラージュとはフランス語で「糊付け」を意味します。
通常の画法ではなく、新聞の切り抜き、壁紙、書類、雑多な物体などを組み合わせることで、
壁画のような造形作品を構成する芸術的な創作技法です。
課題「MAN&OBJRCT」の自分のテーマに合わせて、コラージュをどんどん作成していきます。

DAY 6 最終日
FAA2はHOLE IN THE WALLで、INSTはマテリアルズ・ライブラリーで成果物を展示しました。

ドローイングから無数に枝分かれしていくクリエーションの可能性を大いに感じることができた
ワークショップでした。エリック先生ありがとうございました!

齋藤(tasaka)