シューメーカーコース1年リーガル見学報告

5/25、シューメーカーコース1年生が靴の歴史と靴の仕事の現場に触れるため、新浦安のリーガルコーポレーション本社見学に行きました。
リーガルと言えば日本を代表するブランドで、企画、デザイン、生産、販売の全てを行う靴の総合メーカー。美しく広々としたショールームにはメンズ、レディースの商品が並び、クライアントとデザイナーが商談する様子が間近に見ることができました。

まずはショールームにてリーガルの新潟工場のビデオで現場の仕事をご紹介いただきました。

 

次にデザインルームにてデザイナーの方より、デザイナーの仕事についてご説明いただきました。木型サンプルは3Dプリンターで作られているそうで、業界内でも新しい試みを実践されているとのことです。合わせて、パターンCADによるグレーディング(パターンのサイズ展開)とプロッターによるパターンカットのデモンストレーションも見せていただき、学生たちも初めて見るテクノロジーに興味津々の様子でした。

 

続いて、2班に分かれリーガル所蔵の資料館見学とビスポーク(オーダー靴)工房の見学をしました。
資料館ではこれまでのリーガルの製品サンプルやヴィンテージツールや書籍などのアーカイブを見学しました。


ビスポーク工房では本校10期生の卒業生が仕事内容と経験談を話してくれました。

 

最後に、本校2期生のデザイナーとビスポーク部門の卒業生が1年生の様々な質問に答えてくれました。

この機会は、1年生にとって、業界に先輩たちがいて優しく受け入れてくれるという安心感と将来への目標が垣間見れ、就活や靴業界に前向きな印象を持つ材料となったと思います。
大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。

この場をお借りして、ご協力いただきましたリーガルコーポレーションの皆さまに厚くお礼申し上げます。

 

NAGAO(nagao)