合同展LIGHTS Vol.6 TOKYO 2019A/W Collection ”MIXER”

EXHIBITION REPORT38は、現在ラフォーレミュージアム原宿で開催中のアクセサリー合同展示会LIGHTSに出展している本校卒業生にフォーカスする。

今回で6回目を迎えるLIGHTSのテーマは”MIXER”。人と人、ものと人、ものとものが繋がり混じり合う空間で想像していなかった新たなクリエーションが生まれる。LIGHTSではそんなきっかけを創り出し、新しい発見と出会いに導くというもの。


Masayoshi Fujishima(藤島正善・ハイジュエリーコース卒)


金属にセメントを埋め込んだ新作のリング
手触り感を大切にしたテクスチャーと金属の組み合わせが美しい。


同じくセメントシリーズのピアス
微妙な色の違いも魅力の一つになっている


タンタルという純金属の中で最も黒い金属を使ったリングのシリーズ
チタンに良く似た性質を持つが比重が重く、重厚感が心地よい

 


little my daughter(中島明日香・ファッションアートアクセサリーコース卒)


色紙を幾重にも重ね樹脂でコーティングされたピアスのシリーズ
配色に彼女のセンスが光る


ちぎった色紙を重ね合わせ樹脂コーティングしたピアスのシリーズ
様々に表情を変える紙の可能性を感じさせる


新作の木を使ったシリーズ
本人曰く、紙の方が素材としての魅力を感じるとのこと

 


She me.(清水夫妻/右:小中優実・シルバーアクセサリー&クラフトコース卒)


展示会ではもう顔のShe me. 新作のピアスのシリーズ


新たに考案したカスタムできるイヤリングのシリーズ
パーツをこみ合わせたり、ボリュームを自由に変えられるアイデアは彼女ならではの発想


パッケージに描かれた植物のスケッチも彼女の手によるもの
色々なアイデアと表現を遺憾無く発揮している

 

同展示会は年2回開催され、新しい才能を刺激的に表現している。今後も目の離せない展示会の一つだ。

会期:〜3/30(金)11:00〜20:00(最終日は19:00まで)
会場:ラフォーレミュージアム原宿
入場:無料(要名刺)

 

NAGAO (nagao)