R85×ユキヒーロープロレス合同展示会レポート

EXHIBITION REPORT36は今日から開催されているシューズブランド”R85″とアパレルブランド”ユキヒーロープロレス”の合同展示会をレポートする。

R85は本校シューメーカーマスターコース卒の志磨佑平氏が2011年に立ち上げたメンズカジュアルシューズブランド。2013年初のrooms出展の際に、バイヤーの方から紹介され、それ以来共に歩んできたのが今回合同展示会を行っている”ユキヒーロープロレス”。

ユキヒーロープロレスの遊び心満載のアパレルにR85のちょうど良いカジュアル感がマッチし、トータルで提案できるのが一緒にやるメリットだと語る志磨氏。

R85の靴はレザーアッパーと白のvibramソールを基本とした、品のあるカジュアル感が特徴。志磨氏がデザイン〜パターンメーキングまでを行い、シューズメーカーにサンプル発注し、受注生産を行っている。

ユキヒーロープロレスはトレードマークの覆面をモチーフにした、別注のジャガード織りやプリント、キルティング加工した素材などに様々な味付けを施し、パワフルで元気なアパレルや服飾雑貨を発表している。国内のみならずヨーロッパをはじめとする海外でも人気を博しているブランド。

会場にはR85がこれまでのユキヒーロープロレスのコレクションショーで担ったシューズの展示もされている。

二人が出会って6年。お互いの仕事に敬意を払い、共に刺激し合って来たことが展示からも伝わってくる。志磨氏は、改めて人のつながりの大切さを痛感して来た6年間だったとこれまでを振り返った。
ユキヒロ氏と志磨氏(右)

卒業後、独立を目指す学生の一つの方向性を示すブランドの一つ。ぜひ、今後も更なる発展を期待せずにはいられない。
なお、合同展は千駄ケ谷のultra super new galleryにて3/9(金)まで開催。興味のある人はぜひ足を運んでほしい。
http://gallery.ultrasupernew.com

 

NAGAO(nagao)