3年生カーボン特別授業

3年生のカーボン特別授業。今年は、カーボン製品とカーボンフレームのリペアで有名な株式会社CDJホールディングス(カーボンドライジャパン以下CDJ)代表取締役の早川様に遠路お越しいただき、授業を行っていただきました。
授業では、カーボンという素材について、超音波診断、カーボン補修、強度実証試験からサポート選手に関するお話など、駆け足でしたが中身の濃い講義内容となりました。
学生たちも卒業後に直接関係してくる分野のお話なので、興味深くお話に聞き入っていました。

 
 
 
 

お持ちいただいたサンプルで、素材の違いによる重さの違いなどを体感するなど、学生たちの驚きがたくさん見受けられました。

 
 
 
 

CDJでは、破損したカーボンフレームを確実に補修することが可能であり、施工後も『安全確立の証明』もでき、愛着あるフレームを諦めることなく永く安全に使用することを可能としています。
今回の特別授業では、カーボンに関する知識と検査方法、またユーザーの要望に対する企業の前向きな姿勢を知ることができ、今後社会に出て行く学生にとって大変勉強になったことと思います。
お忙しい中、特別授業を行っていただきました株式会社CDJホールディングスの早川様にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

また、以下にも掲載記事がありますのでご覧ください。
https://carbondryjapan.com/cycle/detail/96

株式会社CDJホールディングス
https://carbondryjapan.com

 
 
 
 
 

hashimoto(todo)