パテック フィリップ賞、リシュモン・アワード決定!

 

毎年、リシュモンとパテックフィリップの2つの会社から、それぞれ1名ずつWMコースの優秀な学生を選考して頂いている賞の今年度の両賞受賞者が決定しました。

二人に喜びのコメントを頂きました!

 
パテック フィリップ賞 WMM3-1 望月 大暉

 

まさか自分がパテック賞を頂けるとは思っていなかったので、今でも夢ではないかと疑う毎日を過ごしています。

時計技術の授業では、クラスメイトから「これが受賞者クオリティー?」と馬鹿にされないようにどの作業も今まで以上に集中して取り組み、
クオリティーを少しでも上げられるように心がけています!

せっかく掴んだチャンスなので後悔のないよう、またこれからの人生に活かせるように研修に臨みたいです。

 

 
リシュモン・アワード  WMM3-2 堀口 優也

 

先生方や友人、応援してくださった方々の支えのおかげで受賞することができました。ありがとうございます。

研修では時計技術だけではなく、スイスの文化や人と多く接し、自分の視野を広げて帰ってきたいです。

 

各受賞者には、夏に行われるスイス本社での研修がプレゼントされます。

おめでとうございます!