JWFセミナー報告

9/20(水)オリンピックセンターにて、ジュエリー1年生を対象としたJWFセミナーを実施しました。活躍している先輩のお話を聞いて、2年次のコース専攻選択や今後の作品制作に生かしてもらう目的で毎年行っています。

今回は特別研究生として在学中の津曲文登さん、花本由紀子さんのレクチャーの後、FAAの卒業生、田淵篤子さんにお越しいただきお話していただきました。

田淵さんは現在、DRESS UP EVERYDAYというブランドのデザイナーとして大活躍されています。
DRESS UP EVERYDAYはジュエリーの学生にはおなじみのe.m.の中のブランドです。
事前に実施したアンケートの中から、「商品にする上で心がけていることはなんですか?」
「デザインに悩んだ時はどうしていますか?」など、たくさんの質問に答えていただきました。
DRESS UP EVERYDAYはGINZA SIXにもショップを展開しています。
いろいろなメディアに取材され、大変注目されているブランドです。
デザイナーとしての仕事内容や、苦労していること、やりがいについてお話してくれました。
FAAで学んだアイデアの柔軟性や、展開方法などが今の仕事に生かされてるという言葉が印象的でした。
田淵さんのお話の後に、嶺脇先生による「コンテンポラリージュエリーってなに?」というセミナーをしていただきました。
コンテンポラリージュエリーとは、「今まで通りではないジュエリー」。様々なジュエリーアーティストの作品を紹介しながら、
とてもわかりやすくお話してくれました。
嶺脇先生の作品や制作過程も見せていただき、「こういうジュエリーもあるんだ!」
「こういうジュエリーを作っていいんだ!」とみんなが感じたようです。
1日で4名の先輩のお話を聞く事ができ、1年生の今後のコース専攻選択に大変参考になったと思います。
ジュエリーに対する考え方も広がり、とても充実したセミナーとなりました。
投稿:築舘(nagao)