バイシクルシティエキスポ2017に出展しました!

2017年9月8日(金)、9日(土)の2日間、東京のベルサール高田馬場で開催された自転車展示会「バイシクルシティエキスポ2017」に参加してきました。

この展示会の大きな特徴は、「自転車を取り巻く環境」について考える展示会に特化した点です。交通ルールや駐輪方法、シェアサイクルの提案など、多岐に渡った業者や行政の方が展示する日本初の催事です。東京サイクルデザイン専門学校も「働く自転車」のテーマで参戦です!

初日には政治家の著名な先生もブースにお越しいただき、学校が取り組んでいる課題について親身に耳を傾けてくださいました。

 

今回の催事で注目すべき点は、日本内でシェアサイクルが拡大する可能性があるという点です。都内ではすでにDOCOMOが運用していますが、今回、新規企業の「モバイク」も注目されていました。中国では近年ブレイクしており、今年から日本進出です。その活動には注視すべきですね。メルカリやDMMもシェアサイクル事業を始めることもあり、今後の展開が楽しみです。

*画像はMobike Japanサイト内より引用

 

また、駐輪の新しいカタチを創る「みんちゅう」も注目されていました。駐輪場をシェアするアイデアは今までに無く、これから注目を集めそうです。

 

自転車は安全で環境にも良く、誰でも楽しめる乗り物です。しかし、継続的に社会に溶け込むためにはアイデアやルールが必要です。企業とともに学校でもアイデアを出して自転車社会を発展させていきたいと思っています。

 

Masao Takahashi