POINT of VIEW/名和晃平氏セミナー   @大阪校 ギャラリー&ラボ drip

POINT of VIEW(ポイントオブビュー)はコースの垣根を越えたセミナープログラム。

様々な業界からゲストをお招きし、独自の視点でお話をしていただきます。

今回は彫刻家の名和晃平さんをお招きします。

POINT of VIEW/名和晃平氏セミナー

2017年7月4日(火)17:30ー19:00 @ヒコ・みづのジュエリーカレッジ大阪 1階ギャラリー&ラボ drip

※参加を希望する人は7/1(土)17:00までに掲示板にクラス・氏名を記入してください。

※応募多数の場合は抽選になります。

※参加者は7/3(月)に掲示にて報告いたします。

 

PixCell-Lion / 2015 / courtesy of SCAI THE BATHHOUSE / collection of TAKAHASHI COLLECTION /

photo:Nobutada OMOTE|SANDWICH

 

PixCell_Saturation#4 / 2011 / courtesy of ARARIO GALLERY and SCAI THE BATHHOUSE /

photo:Seiji TOYONAGA|SANDWICH

 

VESSEL / 2016 / ROHM Theatre Kyoto / © Damien JALET|Kohei NAWA / photo : Yoshikazu INOUE

名和晃平氏プロフィール:

1975年生まれ。彫刻家、京都造形芸術大学教授。  2009年、京都に創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」を立ち上げる。 2011年、東京都現代美術館で個展「名和晃平 – シンセシス」を開催。 独自の「PixCell」という概念を軸に、ビーズ、発泡ポリウレタン、シリコーンオイルなど 様々な素材とテクノロジーを駆使し、彫刻の新たな可能性を拡げている。 近年は建築や、舞台のプロジェクトにも取り組み、空間とアートを同時に生み出している。