渋谷発!! 時の記念日 「渋谷時計フェスタ610」開催

“時の記念日” 西暦671年6月10日。その日は日本で初めて時計が鐘を打った日であることから、
この6月10日に記念日として制定される。

その日から1346年後の今年、本校ウォッチメーカーコース主催「渋谷時計フェスタ610」を開催!

“時の記念日”に合わせ、神南校舎全体を使い時計にまつわるイベントを行いました。

来場者向けには時計健康診断や長年使用してきた時計の奉納、クォーツ時計の電池交換実習、ミニゲームコーナーなどを行い沢山の人に楽しんでもらいました。

学生、卒業生向けには中古時計工具フリーマーケットを特設し、たくさんの工具を販売。

また、技能五輪への出場決定者によるデモンストレーションを行い、本番へ向けて練習をする学生の真剣な顔を多くの人に見ていただくことができました。

なお、目玉企画として本校卒業生であり、日本を代表する時計師である菊野昌宏氏、牧原大造氏を迎えてのトークショーも開催。自身の作品の解説やこれからのビジョン、学生時代のエピソードなどの話に参加者も興味深々な模様。

学生ボランティアによるスタッフは40名でお揃いのユニフォームを着用しイベントを盛り上げてくれました。なお、学外来場者は100名以上にのぼり在学生、卒業生を含めると本当に沢山の方々に参加していただきました。

今後につなげていけるイベントとなりました。

投稿:小林(nagao)