ロードレースの世界」セミナー報告

 

先日6月16日(金)プロロードレースチームの那須ブラーゼン様をお招きしまして、セミナーを実施しました。

セミナーでは選手が使用しているロードバイクを会場にお持ちいただき、チーム紹介、レースシーンやメカニックの仕事などの映像と共に、チームの運営から地元密着型プロチームならではの地元との関わり方など様々なお話をしていただきました。

 

 

左より、那須ブラーゼン代表取締役 若杉 厚仁社長とTCD卒業生のメカニック兼アシスタントマネージャーの郡司 卓哉さんです。

地元ラジオ放送でパーソナリティも努める若杉社長の軽快なトークと郡司メカニックとの絶妙な掛け合いで会場を沸かせます。

 

 

 

皆レースメカニックという憧れの仕事のお話にメモを取りながら真剣に聞き入っています。

 

 

 

メカニックの大切な仕事道具も見せていただきました。「学生の間に自分の最も使いやすい工具を見つけておくことも大事」と郡司メカニック。学生からの質問も尽きません。

 

 

 

セミナー終了後、手際よくバイクを積み込みます。この車の他に2台、合計3台で日本各地を転戦するそうです。

 

今回のセミナーでは、プロレースチームとメカニックの貴重なお話を聴かせていただきました。郡司メカニックは、那須ブラーゼン以前はレースメカニックの経験は無く仕事内容など全く知らなかったそうです。TCD卒業後にそれまでアルバイトをしていたショップにそのまま就職を考えていたそうですが、自分のやりたいことは何かと一大決心をしてレースの世界に飛び込んだとのこと。仕事はハードでやることも沢山あるそうですが、学生時代からの郡司君とは、ひと回りもふた回りも成長した姿はとても輝いていました。

今後更なるご活躍を期待し、あとに続く学生が出て来ることを楽しみにしています。

代表の若杉 厚仁社長、メカニックの郡司 卓哉さん、ありがとうございました。

那須ブラーゼン ホームページ https://www.nasublasen.com

 

橋本(Oshima)