クロモリバイクだけの…

 

昨年に引き続き、今年もクロモリバイクだけのロードレース、その名も「クロモリロードレース」が群馬サイクルスポーツセンターで開催されました。

 

今年は講師陣だけではなく、学生チームも参加。

はるばる応援に駆けつけてくれた学生もいて、TCD陣営は賑やかなものになりました。

 

 

 

本校講師 今野先生のご厚意により、今回は特別にケルビムから自転車をお貸しいただきました。

 

 

 

レースに備え、学生自ら自転車の整備。

部品を交換したり、ポジションを合わせたりと準備に余念がありません。

 

今回は、学生2チーム、講師陣2チームでの参加。負けないぞ〜!

 

 

 

 

いよいよ迎えたレーススタート。

学生たちは、元気いっぱい。

 

 

 

 

先生たちは、やや緊張の面持ち?

 

 

 

 

時折、小雨の降る中でのスタートとなりました。みんな頑張って!

 

 

 

 

今回は、1チーム3人編成で3時間エンデューロに挑戦。

交代のタイミングと手際の良さが、成績に大きく影響します。

 

 

 

 

着々と周回を重ねていく学生チーム。雨も上がって、勝負はこれから!

 

 

 

 

先生たちだって、負けていませんよ。急いで、急いで!

 

 

 

 

群馬サイクルスポーツセンターはひたすらアップダウンの続くコース。無事にバトンタッチを終えると、思わずこんな表情になってしまうんです。キツい!

 

 

 

 

在校生も、応援に駆けつけてくれました!

昨年は、講師陣だけでの参加だったので、とっても嬉しいです!

 

 

 

 

ひたすらバトンをつないで…

仲間と走り続けた3時間…

 

 

 

気になる結果は…?

 

 

 

見事、学生チームが、3時間エンデューロ チームの部で仲良く2位、3位をゲット!

みんな、やったね!

 

 

 

1時間エンンデューロにソロで参加した1年生の野村くんも、20〜24歳以下の部で2位をゲットしました!

おめでとう!

 

 

 

最後は、応援に駆けつけてくれた学生も一緒に、全員で記念撮影。

みんな、レースを無事に走り終えた安堵感と達成感でいっぱい。

 

今回、何よりも嬉しかったこと。

それは、学生と講師の垣根を越えて、同じコースを、同じように懸命に走り抜けたこと。

 

一度自転車に跨がれば、みんな同じ。

みんな自転車が好きなんだな〜と、改めて実感しました。

 

えっ?先生たちの結果はどうだったって?

そっ、それは内緒です!

 

Oshima