KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2013で大阪校学生が準グランプリを受賞!!

アートの視点で環境活動(エコ)を促進するための芸術作品、製品デザイン、グラフィックデザインなどを募集するコンペティション、KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2013で大阪校 陳怡帆 さん(JL3-1クラス)のCD をリサイクルして作成した作品「一緒に…」が準グランプリを受賞しました!!

http://www.konicaminolta.jp/plaza/eco-art-award_2013/finalwinner.html

 

※グランプリ発表会の様子は「USTREAM」にて見ることができます。
http://www.ustream.tv/channel/konicaminoltaplaza

 

 

ディスプレイにはオリジナルで制作したイメージブックも展示されました。

 

授賞式後(作品の前で)

 

 

コンセプト文:

創作活動をする私はいつも音楽を欠かさず聞いています。音楽は様々なインスピレーションを与えてくれ、無くてはならない存在です。しかし歳を重ねると同時にCDの量も増え、置き場所もなくなりました。選別して捨てようとしましたが、私の創作活動の一部であり、原点である存在を手放すのは躊躇してしまいます。

音楽だけではなく思い出も一緒に刻まれたCDを使って「日常的に身に着けることができるジュエリー」というアイテムに形を変えてデザインしました。「欠かせない思い出を、毎日身に着けることができたら何処でも一緒に連れて行ける」という単純な発想から生まれた提案ですが、予想外の美しいカタチが生れました。

普段CDにしたら絶対ダメなあらゆる方法を試してみて、「破壊」から生れた七色に輝く貝殻のような新しい質感がポイントです。

作り方はとても簡単なので、この作品に興味を持ってくださった方は是非ご自宅で試していただけると幸いです。