シチズン時計マニュファクチャリング株式会社飯田殿岡工場研修

大阪校ウォッチメーカーコース1年生は、2016年11月4日に長野県にあります

シチズン時計マニュファクチャリング株式会社の時計製造の現場の見学と研修に行ってまいりました。

天気にも恵まれました。

長野県飯田市の殿岡にシチズン様の工場があります。

大阪から4時間の道のり。工場入口の時計と名産のリンゴが出迎えてくれました。

シチズン様では地域貢献の一環も兼ねてリンゴの生産なども手掛けているそうです。

 

残念ながら工場の内部は撮影禁止(社外秘)なので画像がありませんが、

中ではガラス越しでなく、実際に製造ラインの中を歩きながら設備の説明などの研修を

非常に丁寧にしていただきました!

 

殿岡工場で作られている時計の一部です。クォーツ時計や機械式時計はほぼ機械化されており、

文字盤や針の取り付けなどは技術者が手作業で行っています。

 

時計の機械(ムーブメント)はクォーツですと1秒で1個、機械式は約10秒に1個ラインで製造されているそうです。

さすが世界で一番ムーブメントを製造供給している会社です。

展示の中には時計のケースの鍛造工程やサファイアクリスタルのガラス研磨工程もありました。

普段完成品しか目にすることのない学生にとっては非常に勉強になったことでしょう。

ありがとうございました!普段修理の勉強がメインの学生たちにとっては製造の現場最前線を

直に体験できたことはこれからの勉強の大きな助けになってくれることでしょう!