CREATIVITY CAMPレポート

CREATIVITY CAMP in NASU

 

6/3(金)6/6()にかけて、インスティチュートコース4年生とシューメーカーマスターコース3年生、

そして東京サイクルデザイン3年生、3科合同のワークショップを那須roundで行ってきました!

 

今回ワークショップを3人の海外の先生にみていただきました。

左から

サミラ・ブーン先生(オランダ)、ダイアンベッカー先生(イタリア)、パオロ・カルディーニ先生(アメリカ)

 

 

1日目

自己紹介を終えてすぐに始まったのはパオロ先生のパート。

お題は「クリティカル・ハッキング」

クリティカル・ハッキングとは、今ある製品に新しい何かを付与したり、製品を再構築したりしながら、

現状の社会の問題点を認識させたり、改善させることを提案する新しいデザインのスタイルです。

3科合同のグループで、まずは何が問題なのかについてディスカッション&リサーチを行います。

1日目から夜までリサーチ&作業をしていました。

大阪校から参加した交換留学生のエルさんもすぐに打ち解けていました。

 

 

2日目

クリティカル・ハッキング発表

グループ毎にリサーチしたことから導きだしたコンセプト、そこから制作したプロダクトについて発表しました。

 

 

ここからはサミラ先生のパート

クリティカル・ハッキングで得たキーワードと基にマインドマップをどんどん広げプロダクトの提案までを行います。

 

 

3日目

制作したマインドマップより、更に事象を深くリサーチし、最終プロトタイプを制作します。

作業は深夜まで続きました。

 

 

4日目(最終日)

最終プレゼンテーション。

11グループがこの3日間で考えて制作したアイデアについて発表しました。

最後はみんなで記念写真。

 

みなさんお疲れさまでした!