第42回技能五輪国際大会(ドイツ・ライプツィヒ)貴金属装身具部門 強化訓練 • 第一弾

技能五輪国際大会日本代表の安田 亮選手(大阪校研修生)の強化訓練が本格的にスタートしました。
現在、強化訓練は週に4日、1日8時間のペースで行っています。

 

それでは訓練模様をレポート!

 

作業机上の工具はこのようになっています。競技者本人が使いやすいようにレイアウトされています。

 

 

大阪在住で日本のトップジュエラーとして活躍されている、丸川 隆英指導員にもお越し頂き、訓練を実施しています。

JEWEL MARUKAWA http://www.j-marukawa.com

 

 

現在の訓練内容は、「裏取り」の研究。様々な道具を試して、短時間で美しく出来上がる方法を考えていきます。
※裏取りとは 宝石の石留め座の裏側の擦り込み。裏からの光を取り込むためにあける細工。

 

 

裏取りパーツの厳しいチェック。まだまだ完成度を上げる必要があるようです。

 

 

研究の結果、洋彫りタガネを使っての裏取り訓練を行っています。

 

7月に開催される技能五輪国際大会まであと、81日。

結果も大切ですが、それ以上にこの厳しい訓練の日々が本人の成長に繫がっていると見ていて実感します。
安田選手も頑張っていますので、みなさんの応援を宜しくお願い致します。