富士ヒルクライムでチームビルディング!

3月31日、ケルビムの今野先生とTCDの教員、高橋(政)先生、橋本先生、藤堂先生、三枝先生、大島の総勢6名で富士スバルラインをヒルクライムしてきました。

 

条件はひとつ、各自自分で製作した自転車で走ること。

 

まだ雪も多く残る3月の富士スバルラインは4合目までの開通でしたが、快晴の下、楽しい(苦しい?)富士ヒルクライムを堪能してきました。

富士スバルラインは国内最大級のサイクルイベント「mt.富士ヒルクライム」の舞台となっているルートです。

スタート地点となる富士北麓公園からゴールの富士山5合目までは24キロと距離はありますが、平均勾配は5.2%と比較的登りやすいルートと言えます。今回は4合目までなので、距離は17.8キロとなります。

 

富士北麓公園に集合し、出発の準備。

「なんか、緊張してきた…」と今野先生。

 

富士北麓公園から走り出すと、まだ富士山が遠くに見えます。

 

料金所で200円を支払い、ヒルクライムスタート!

 

標高が上がるにつれて、路肩の雪が増えてきます。

 

2合目付近でも道路は乾いていますが、地面は真っ白です。

登りで火照った身体に、冷たい空気が心地よく感じます。

 

ひたすら登ります。富士山が少しずつ近づいてきた?

 

 

だんだん空が開けてきました。

 

 

もう少しでゴール!

 

4合目にゴール!無事に全員が完走しました。

5合目まで行けないのが少し残念ですが、みんな良い笑顔です。

 

締めは…

 

山梨名物、「ほうとう」で決まりです。

下りで冷えた身体に、みそ味のほうとうが染み渡ります。鉄鍋いっぱいのボリュームにも皆びっくり。

食事の間も、今年度入学してくる学生や学校内外の自転車イベントのことで話は尽きません。

新入学生、在校生の皆さん、今回のヒルクライムで結束力も更に高まった?TCD教員一同、皆さんと活気溢れる学校生活に期待しております。

 

Written by oshima