国際観光デザインフォーラム2016「かまくらまつり」報告

鎌倉 光明寺で実施された国際観光デザインフォーラム2016。

文京大学、慶応義塾大学、日本大学、フェリス女学院大学、多摩美術大学、ヒコ・みづのジュエリーカレッジ、東京サイクルデザイン専門学校の学生達が参加したプロジェクトです。

鎌倉をテーマにリサーチし、各大学・団体が成果物の発表と展示を行います。

鎌倉市民や観光客、鎌倉市長をはじめとする行政関係者の方々などが来場する、まさに「社会に向けたプロジェクト」です。

東京サイクルデザイン専門学校は有志メンバー9名によるオリジナル自転車2台&マップを発表してきました。

 

まずは制作物のご紹介です。

 

「NEKNAT」〜街を楽しむ自転車〜

低速で漕ぐよりも安定して走行できるキックボード機能を搭載したオリジナル自転車。

ゆっくりと走行したい観光地での乗車にぴったりな1台です。

 

 

〜特徴紹介〜

フレームに足を乗せる箇所を設けることで2通りの乗り方が可能に。この自転車のもっとも特徴的なポイントです。

 

フレームカラーは鎌倉市の花である「りんどう」からチョイス。ベルは葉っぱをイメージした色でアクセントに。

ヘッドバッジも「りんどう」をあしらったデザインです。

 

チェーンガードを両面に装備。衣類の巻き込みを防止しています。

 

ブレーキはローラーブレーキを採用。ギアは内装8段変速で、チェーントラブルを回避するセレクトです。

 

「Na mini」〜誰もが乗りやすく 見た目に新しい自転車〜

駿河湾の波をモチーフにフレームをデザイン。柔らかなフォルムと同様に乗り心地もソフトで優しい1台です。

スカートでも跨ぎやすい形状で、乗る人を選ばないフレーム設計です。

 

 

〜特徴紹介〜

フレームカラーは青から白のグラデーション。フォーククラウンには「桜貝」をイメージしたピンクのアクセント。

ヘッドバッジも波をモチーフにしています。

 

チョウチンアンコウのような形状のヘッドライトは自動点灯のLED製。ハブダイナモで発電されています。

 

チェーンガードで衣類の巻き込みを防止。センタースタンド装備で駐輪時に倒れにくくなています。

 

ローラーブレーキ採用。初心者でも安心して制動可能です。ギアは内装7段を採用。

 

 

「鎌倉 裏道マップ」〜オリジナルマップの提案〜

 

〜特徴紹介〜

 

鎌倉の魅力の1つである「路地」。その路地を基本ルートにしたオリジナルマップです。

車とのすれ違いも少なく、安心して走行可能な道順です。

公共交通機関や徒歩では尋ねにくい距離にある寺院にスポットを当て、自転車ならではのルートに編集されています。

海外観光客にも利用してもらえるように英語版も作成。

また、スマホやタブレットで地図を閲覧できるように、QRコードで簡単に読み込めるようにしています。

 

 

これらの成果物を揃え、いざ光明寺へ!

 

展示場所はお寺の回廊で実施。素晴らしい景色の中で展示をさせていただきました。

 

たくさんの来客。おひとりお一人に学生が対応していきます。

 

オリジナルマップを来場者に配りました。楽しそうにじっくりと閲覧されていました。

 

 

鎌倉市長さんもご来場!新しい提案の自転車にとても関心を持ってくださいました!

 

プレゼンテーションはお寺のお堂の中で実施。こんな環境で発表するのもこのプロジェクトならではです。

 

 

このプロジェクトで「社会の役に立つ自転車とは何か」という課題と直面しました。

試行錯誤と実験、試走を重ねて、本当に必要なものを提案することができたと実感しています。

また、他大学の学生とのミーテイングを通して考え方の違いや第三者から見た自転車の印象など、発見も多くありました。

 

社会貢献への挑戦。

これからもTCDは実施していきます!

プロジェクトメンバーの皆さん、お疲れさまでした!!