アメリカ ロードアイランド造形大学 今野講師ワークショップ報告

3月15日から22日まで、アメリカ ロードアイランド州にある「ロードアイランド造形大学」に行ってきました。

ロードアイランド造形大学は、アメリカ屈指の名門美術大学。その大学から今野講師にワークショップのオファーがあり、特別授業を実施してきました!

対象はインダストリアルデザイン科に所属する学生たち。インダストリアルデザイン科といえば、家具や電化製品のデザインなどを勉強する学科ですが、この大学では自転車製作のカリキュラムにも力が入っています!その証拠に、エントランスの天井に歴代の学生らが手がけた自転車が展示されています。

校舎内を回って見てみると、デザイン学科の校舎とは思えないほど充実した機材が設置されています。うらやましい環境です!

そして教室のあちこちに彼らのアイデアが転がっています。何だかTCDの教室みたいですね!親近感が湧いてしまいます。

いよいよ今野先生の特別授業がスタート!

cherubimとTCDの紹介から話が始まり、持参したハミングバードの製作秘話へと話は進んでいきました。学生達は真剣に話に聞き入っていました。

人の身体に合わせたフィッティング方法の実演や、トレイルが変化した時の乗り心地の変化など、体感できる実習も実施しました。

そしてろう付けの実演。

今野先生の技術を食い入るように見る姿勢が印象的でした。

ヤスリがけのポイントも実演し、自転車に関する知識と技術がギッチリ詰まった特別授業となりました。

特別授業後に、彼らが進めている自転車のデザイン相談タイムがスタート。

思い思いに考えられた自転車のアイデアは非常に興味深いものばかりでした。今野先生に的確なアドバイスを投げかけてもらい、学生達にとって有意義な時間になったはずです。

 

もう一つ大きなイベントとして、一般のお客様を対象としたセミナーも実施してきました。

大きなホールに150名ほどの来客を迎えての講演。質問が絶えず大盛況のセミナーとなりました。

講演後もハミングバードに人だかりが。。。

 

 

 

日本の反対側にあるアメリカの学校でも自転車に真剣に向き合って勉強している学生がいます!

そして、日本の自転車文化や自転車製作技術に興味を持っている人がたくさんいるんです。

TCDの皆さんも世界に目を向けて、自分にしか作る事の出来ない自転車を発表していってほしいなと思います。

 

来週からいよいよ授業スタートです!

さぁ、頑張りましょう!!

 

Masao Takahashi