ミュンヘン研修旅行&展覧会報告VOL.1

2015/3/10~3/16の期間でミュンヘン研修旅行に行ってきました!

毎年3月のミュンヘンは、コンテンポラリージュエリーの公募展”Schmuck(シュムック)”を中心に

たくさんのジュエリーの展覧会が開かれる季節。

 

その展覧会を見に行くだけでもとても勉強になるのですが、

今年はなんと、ヒコ・みづのジュエリーカレッジが学生作品展を行えるチャンスを頂き、

その展示もかねてミュンヘンに行ってきました。

まず報告その1は、展覧会の準備の様子をお伝えします。

展覧会はピナコテークデアモデルネ内のディ・ノイエ・ザムルング(国際デザインミュージアム)にて

行われます。

 

何もなかった廊下にディスプレイが出来上がっていきます。

海外で展示の準備をする、というなかなかできない体験!

 

2日かけて無事に完成!

そしてオープニングです。

美術館では著名なジュエリーアーティスト「ANTON CEPKA-アントンセプカ」氏の

大個展が開かれることもあって、なんとなんと1500人以上の方々か美術館に続々集まってきます。

 

このたくさんの方々が私たちの展示にも、どどどどどっつ!!!!!と流れてきてくれました。

 

長い列を作って見てくださる方々。

この人の列に一番驚いたのは私たちでした!!!

無事にオープニングを迎えましたが、まだまだ驚くことがたくさん!

この続きはVOL.2でお送りします!

 

ミネワキ