大阪校 春のスキルアップゼミ報告

春休みも、もうすぐ終わりに近づいてきました。

大阪校では、先日、春のスキルアップゼミが2講座行われました。

 

1つ目は、『ギメルリングゼミ』です。

2本のリングが重なり合い、1本のリングに見えるようにも作られるギメルリングは、中世のヨーロッパでは結婚指輪としても用いられたと言われています。

細長い物のロウ付けに、始めは少し苦戦しましたが、それぞれ個性的な形のリングが完成しました。

今回のゼミで初めてお会いする、講師の黒沢先生と、笑顔で記念写真!

 

2つ目は、『ハイクオリティ鏡面仕上げゼミ』。

宝飾品の制作職人をされている田中栄一講師による、制作の中でも「仕上げ」の作業に集中した講義と実践のゼミでした。

鋳造から上がったままのリングが配布され、日頃、田中講師が使用している手順と工具で進めていきます。

 

研磨材で真っ黒になりながらも、手順をしっかり追って進めると、驚くような輝きになりました。

 

作品は仕上げ次第で見栄えに大きく差がつきます。授業が始まる前のこの時期に集中して身に付けることが出来、新学期からの作品作りのレベルアップ間違い無し!

 

春休みの講座は以上の2講座。大阪校では次回のゼミは夏休みを予定しています。何の講座が開講するのかは改めてお知らせいたしますので、学生のみなさんは楽しみにしていてください!